2010年05月27日

種牛処分「法律に沿ってやる」=ワクチン接種きょう終了―農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は25日の閣議後記者会見し、口蹄(こうてい)疫問題で宮崎県が延命を求めた種牛49頭を殺処分とすることについて「法律に従ってやるのは当然だ。49頭が残っている方がむしろおかしい」と述べた。ワクチン接種に関しては、同日中に基本的に終了するとの見通しを示した上で、感染した疑いのある家畜を殺処分して埋める作業を急ぐ考えを強調した。 

【関連ニュース】
ワクチン接種、25日にも完了=家畜処分地「国も費用負担を」
拡大防止に理解を=口蹄疫ワクチンで鳩山首相
ワクチン、2日で半数接種=種牛49頭は救済困難
種牛感染に懸念=口蹄疫で農水相らと協議
ワクチン接種を開始=最上位の種牛が感染

「杭打ち方式断念」報道を否定 普天間問題で松野官房副長官(産経新聞)
口蹄疫 台湾が宮崎県に義援金(産経新聞)
首相動静(5月23日)(時事通信)
政府が韓国大統領談話を受け午後に安保会議(産経新聞)
未婚・世間体・不倫…赤ちゃんポストに年15人(読売新聞)
posted by ヒビノ コウイチ at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。