2010年04月20日

鳩山首相「覚悟決めて臨んでいる」=普天間の5月末決着で(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は15日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の「5月末決着」を明言してきたことに関し、「覚悟を決めて臨んでいる話だから、努力するのは言うまでもない。必ず、言った通りに結論を出す」と強調した。「職を賭するのか」との記者団の質問には、「最善を尽くす。これしかない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)
民主の渡部氏が「政局を迎えた」 と、鳩山政権の先行きに強い危惧(産経新聞)
福岡のふ頭近くの海に人の胴体、殺害女性か(読売新聞)
三浦の新名物「アカモク」食べごろ 健康食品としても注目(産経新聞)
「5月末決着」こだわる首相、真意いぶかる声も(読売新聞)
posted by ヒビノ コウイチ at 03:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。